ギャラリートップ
前のエピソード(141〜150)へ

彼がセイヴィヤーになったわけ

次元を操る、目玉王アモルフィが大活躍です!!

(ブログより若干の編集を加えた内容となっております)

エピソード151 (2012年12月6日掲載)

遂に登場した、アモルフィの必殺技「次元アタック」!!
上手い具合に事は進んだ用に見えますが…めでたしめでたしでは終わりませんよー

エピソード152 (2012年12月8日掲載)

解説しますと(笑)オリジナル・肉面はまだ花ドクロ達の星にいます(笑)
そしてオリジナル・セイヴィヤーはZOOID邸…ちゃんと連れて帰って次元の帳尻を合わせなければなりません。
…勝手にお風呂に入るのはいけないことですが、アモルフィがすっぽり入る浴槽のあるZOOID邸…
やはりリッチです(笑)

エピソード153 (2012年12月10日掲載)

得体の知れない客人にも、きちんと対応する、護衛の鏡、ドン・デボン…
アモルフィはそんなドン・デボンに痛く感動して不思議なパワーを授けました!!
「2001年宇宙の旅」のテーマはお手数ですが検索してください…

エピソード154 (2012年12月12日掲載)

ドン・デボンがバイクも運べるメタル製のスーパー・ドン・デボン号に変身できるのは、今までは夜の間だけでした。
でも、アモルフィに授けられた宇宙パワーのおかげで昼間も変身できるようになったのです!!
これでツーリング中の不測の事態もバッチリです。
さて、無時に元の次元で再開を果たしたセイヴィヤー達でしたが、ホッとした途端お腹が空くのはアモルフィとて変わりません(笑)

エピソード155 (2012年12月14日掲載)

お世話になった相手には、本人が辞退しない限り何かのお礼をしたいものです…
セイヴィヤーはまだまだですね(笑)反省…
さて、たっぷりさばいたセイヴィヤー・ホルモン…全身目玉のアモルフィが不思議な食べ方を披露します(笑)

エピソード156 (2012年12月16日掲載)

おやぁ…(笑)目玉の上部で焼いて食べるんですねえ…
ヤケドしそうな気もしますが、何と言っても宇宙の神秘ですから(笑)
美味しいホルモンを食べた後はちゃんとご馳走様をいいましょうね〜

エピソード157 (2012年12月18日掲載)

ぽてっと膨れたお腹のままじゃ、威厳も台無し…見た目も大事なアモルフィにとっては大問題です。
お腹が落ち着くまでお昼寝…気持ちいいですよね(笑)ただ、訪問先の都合は少し考えた方がいいかもしれません。
因みにアモルフィには瞼が無いので、触手で保護しないと乾くんです(笑)
さて、セイヴィヤー・ホルモンパワーで、アモルフィは何と夢の中で宇宙の神様と繋がるという奇跡の体験をしましたが…

エピソード158 (2012年12月20日掲載)

不思議な事にアモルフィは眠ったまま…
その間に皆楽しく遊びました(笑)…昔、地球で平和に過ごしていたあの時のように…
…でも、アモルフィが突然いなくなってしまいました。

エピソード159 (2012年12月22日掲載)

アモルフィは、余りにも楽しそうに過ごすセイヴィヤー達に気付いて、自分のお仕事「修行の終わった花ドクロ達を次の次元に連れて行く」事が忍びなかったのでした…
さて、場面はスカルリとドクロラが修行中の星にセイヴィヤーがやってきた所に戻りますが…
セイヴィヤーの登場はアモルフィにとっても驚きだったようです(笑)

エピソード160 (2012年12月24日掲載)

宇宙のヒーローとはいえ、散々振り回されたセイヴイヤーに微妙な思いが芽生えるアモルフィ…(笑)
勿論恋ではありません(笑)
親友と呼べる存在との出逢いが彼にも遂に訪れたのです…でもその時事件が!!

どうしても続きが待ちきれない方はブログでどうぞ…

2012年12月26日の記事からです…

…桜よりセイヴィヤーが待ち遠しいな〜…ふふ…

前のエピソード(141〜150)へ
エピソード1〜10へ
エピソード11〜20へ
エピソード21〜30へ
エピソード31〜40へ
エピソード41〜50へ
エピソード51〜60へ
エピソード61〜70へ
エピソード71〜80へ
エピソード81〜90へ
エピソード91〜100へ
エピソード101〜110へ
エピソード111〜120へ
エピソード121〜130へ
エピソード131〜140へ

2005〜2007  2008  2009  2010  2011  2012  2013  2014  2015  2016  2017
 メタル似顔絵  邪神シリーズ  Def busta  大相撲似顔絵  ゾイTコレクション  裏表紙
画像、文章の無断転用、転載は固〜く禁じております…ご理解の程を…
トップ  プロフィール  ギャラリー  リンク集

Last Update 2017/04/13
Copyright©2017 ZOOIDkyouhukan All Rights Reserved.

inserted by FC2 system